万象堂
著者インタビュー
編集後記
WeBOOK
書物迷宮
ご購入
万象堂ご紹介
お便り



小さな町の小さなライブハウスから



小さな町の小さなライブハウスから

定価
本体¥1,800+税
A5判、並製本、352頁
ISBN4-902324-03-2 C0073




【著者インタビュー】
【編集後記】
【購入案内】


本書の抜粋

見返しにはNYCからウッドストックまで続く地図や、現地の美しい自然風景が紹介され、著者によるウッドストック・ガイドも付いています。帯に掲載されたテキストと、見返し本体のテキストが別文章という念の入れよう。ウッドストックへ行ってみたい方にとっては、あこがれがますますふくらんでいくのではないでしょうか。
※写真はクリックで拡大します。


小さな町の小さなライブハウスから・インサイド

小さな町の小さなライブハウスから・インサイド

小さな町の小さなライブハウスから・インサイド

本文には、ウッドストックの音楽名所やインタビューに応じてくれたミュージシャンの写真も多数掲載。貴重なコンテンツは、テキストだけにとどまらない豊富な内容です。
※写真はクリックで拡大します。


小さな町の小さなライブハウスから・インサイド

小さな町の小さなライブハウスから・インサイド

小さな町の小さなライブハウスから・インサイド





ウッドストックのミュージック・シーンを、これほど掘り下げた本があっただろうか。
現地に3年暮らし、ライブというライブに行き尽くした著者。
書き溜められた膨大なインタビューとライブレビューから厳選した、今まさに生きているアメリカン・ルーツ・ミュージックの現在。




伝説のロックフェス開催地として知られるウッドストック。しかし、実はウッドストックではない別の農場で開催されたという事実は、あまり知られていない。現実のウッドストックという町はその開催を拒否し、昔も今も音楽と芸術を深く愛する、穏やかで小さな町だったのである。

ディランやザ・バンドだけではない。ブルースやフォークの心を脈々と歌い継ぐミュージシャン達の心が息づく、ウッドストックの音楽があるのである。
約3年間、家族と共にウッドストックに暮らし、今も生き続けるアメリカン・ルーツ・ミュージックを見いだした著者。

ウッドストック・ミュージックシーンの重鎮から、新生ザ・バンドのギタリストまで、コアなファンにとっても珍しいインタビューが満載。現地に住むことでしか分からないその町の魅力を余すところなく書き尽くし、生きているアメリカン・ルーツ・ミュージックを鮮やかに描きだした一冊。



本書収録のインタビュー
ジョン・ヘラルド
ハッピー・トラウム
アーティ・トラウム
ジョン・セバスチャン
ビル・キース
トム・パチェコ、他

現地でのライブレビュー
ランブリン・ジャック・エリオット
マリア・マルダー
ガース・ハドソン
リヴォン・ヘルム、他



目次

・はじめに〜森の中のスモールタウンへ
・ウッドストック・サウンズ
・シティからやってきたルーツ・ミュージックの継承者たち
・アメリカン・ルーツ・ミュージックに惹かれて
・軽やかな声で六〇年代を「シティ・グラス」で弾ませたジョン・ヘラルド
・もう一つのウッドストック伝説。ハッピー・トラウムが根づかせた豊かな音楽シーン
・温かな人柄そのままに、懐の深いクロスオーバー・サウンドを創り続けるアーティ・トラウム
・“ニュー・グラス”を奏で続けるバンジョーマスター、ビル・キース
・ルーツ音楽を追い続けるオールド・タイム・レディ、マリア・マルダー
・ロリー・ブロックという女性アーティストとブルースについて
・“風に選ばれて”歌を継ぐ
・ふらりとやってくる伝説のフォークシンガーたち
・ウッドストックにやってきたホーボー・シンガー、ランブリン・ジャック・エリオット
・心に沁みる歌を紡ぎ続ける放浪詩人、トム・パチェコ
・ディラン、そしてザ・バンドたちのこと
・ガース・ハドソン『SEA TO THE NORTH 』コンサート
・リヴォン・ヘルムの目指した、ウッドストックの「ザ・バンド
・「ザ・バンド」を軽やかに越えていくギタリスト、ジム・ウィーダー
・小さな町の小さなライブハウスから
・フィル・シガナーのお店に通い詰めて
・対談:松岡ひであき(プー横丁/Slice of Life)×片山 明


万象堂のおすすめアルバム

本書でもインタビューで取り上げられている、ハッピー&アーティ・トラウムの未発表ライブアルバム。著者の片山明さんがウッドストックで出会い、大きな感銘を受けたアーティストとして、さらに、ウッドストックのミュージックシーンに大きな影響を与え続ける中心的存在として、万象堂も自信を持っておすすめします。是非一度聴いてみてください。
その音楽は、フォーク、ブルース、ラグタイムが息づく、あたたかいサウンドに満ちています。

HAPPY and ARTIE TRAUM

HAPPY & ARTIE TRAUM/未発表ライヴ集
LIVE RECORDINGS 1970's-1980's
\2625(税込)
発売:スライス・オブ・ライフ Slice of Life Records

※アルバムのジャケットデザインは、
『小さな町の小さなライブハウスから』の著者、
片山明さんが担当しています。

※このアルバムはスライス・オブ・ライフが独自に制作したアルバムです。
世界初リリースで、輸入盤の発売予定はありません。

下記、『プー横丁/スライス・オブ・ライフ』でさらに詳しい情報が掲載されています。
http://www.h2.dion.ne.jp/~slice/HAPPYARTIE.htm
http://www.h2.dion.ne.jp/~slice/pooh/


CD付属のインナースリーブより

HAPPY and ARTIE TRAUM

万象堂の平田が、2006年来日公演の大阪会場で
アルバムのインナースリーブにサインをもらいました。
本文に出て来るとおり、気さくなお二人。

先頭へ
サイトポリシー●Produced by Hirata Graphics Ltd. Copyright (C) Hirata Graphics Ltd. All Right Reserved.